クリニックで!レーザー脱毛

レーザー脱毛はサロンの光脱毛とどう違うの?

全身脱毛をしようと思った時に、クリニックとサロンのどちらで受けるか迷うことはありませんか?どちらも同じ脱毛だからと施術料金や雰囲気だけで決めてしまうと、後悔するかもしれません。まずはクリニックで行うレーザー脱毛とサロンで行う光脱毛の違いを知りましょう。レーザー脱毛と光脱毛の大きな違いは、レーザー脱毛は医療行為だということです。従って医療機関でしか受けられません。また、光脱毛は毛根にある毛乳頭にダメージを与えることで減毛効果が期待できますが、レーザー脱毛は毛乳頭を破壊することで確実に脱毛します。国家資格を持つ医師や看護師が、効果と安全性が認められた医療機器を使って行う脱毛がレーザー脱毛なのです。

レーザー脱毛には2種類ある

医療機関で行うレーザー脱毛では、毛乳頭を熱で破壊する「熱破壊脱毛」が一般的です。安全性が認められた特殊なレーザーを肌に照射しますが、このレーザーは黒い色素にのみ反応するので、肌にダメージを与えずに脱毛できるのです。一方、毛乳頭を破壊するのではなく、バルジ領域周辺の組織を破壊することで脱毛する「蓄熱脱毛方式」も採用されています。この蓄熱式脱毛は、毛根の深い位置を狙っていないため強い熱を与える必要はなく、弱い熱を繰り返し照射して熱を蓄積させます。そのため痛みはあまりありませんが、脱毛に2-3週間かかります。熱破壊脱毛なら、多少の痛みはあるものの2-3日程度で脱毛できるので、スケジュールや好みにあわせてどちらを選ぶか決めるとよいでしょう。